TOP > 所属団体 > 洗心館 (神奈川県秦野市)





 「長い間、鍛えに鍛えた拳足を生涯使用しないのが 最高の武勇伝だ!」と沖縄では言われていると聞いた。 どんな武術も一度使用すれば、他人を傷つけ苦しめる。 人の道を外さず、さりとて自己の備えを忘れず、武道を学ぶ者への教訓として面白くもあり、適切でもあろう。
 私は空手を始めて62年、柔道を入れると67年にもなろうが、いまだに拳足を使用したことは無い。
 人生、永いようで短い、この神様から与えられた「命」という時間を充実したものとするには、やるべきことがあるでしょう。 空手との出会い、一人で突き蹴りもよし、同好者との幅広い人間関係を持つことで社会的な意義を認識できます。 みなさん、強くなって世の為、他人の為役立つ人間になろう。 自分の力を信じることで、他人と戦わずに済むことがあります。 「力」と「心」の余裕です。 鍛えに鍛えた拳足を生涯使わずに済ますため。

日本空手道泊親会 洗心館 館長 田野安男

■館長 田野 安男
■資格 全日本空手道連盟 公認八段
日本空手道連合会 公認九段 (範士)
日本空手道泊親会 公認八段
■役職 神奈川県空手道連盟
日本空手道連合会
日本空手道泊親会
特別顧問
顧問
会長
■空手歴
昭和27年 日本空手道研究会に入会
昭和31年頃 道場閉鎖
昭和32年頃 剛柔流泉武館に学ぶ
昭和33年頃 勤務先に「空手同好会」を結成
昭和39年頃 勤務先の移転に伴い現住所に移転
昭和41年頃 住居に付属して小道場を建てる
昭和42年 連合会より「錬士」の称号を頂く(昭和42年3月)
昭和45年頃 柔道場を借用し移転。さらに海老名市にも道場開館。清水柔道場も開館し3道場となる。
昭和48年 連合会より「教士」の称号を頂く (昭和48年1月)
昭和49年 全空連統一段位審査会 六段合格 (昭和49年3月)
昭和51年 全空連 七段合格 (昭和51年12月)
昭和53年 洗心館道場 建設
平成10年 全空連 八段合格 (平成10年12月)

■指導員
竹崎 貴紀(たけざきたかのり)

日本空手道泊親会 公認五段位
全日本空手道連盟 公認四段位
高橋 知臣(たかはしともみ)

日本空手道泊親会 公認三段位
全日本空手道連盟 公認三段位

■道場所在地 神奈川県秦野市鶴巻南1-25-9 洗心館道場

■稽古時間 毎週 月・水・金曜日 少年の部 17:00〜19:00
青年の部 19:00〜21:00

■稽古風景

本部:日本空手道泊親会 本部洗心館道場
    〒257-0002 神奈川県秦野市鶴巻南1-25-9
            TEL : 0463-76-1444
●サイトのご利用について  ●プライバシーポリシー  ●加入団体用ログイン
Copyright(C) 2015.nihon karate-do hakushinkai All Rights Reserved