TOP > 平成30年度 第2回泊親会強化選手合同稽古会(秋川体育館)



平成30年12月2日(日)に今年2度目の当会派選手たちへの強化練習会が行われた。 当会派の武秀館が音頭を取り、あきる野市の秋川体育館で盛大に行われた。 これは当会派の選手たちが一つ、二つでも伸びる為の合同練習会だ。 年末も近づく寒空の日だった。
朝から集まった選手たちはそわそわ・・・これから一日厳しい練習が始まるからだ。 しかし、その目には熱い闘志が輝いているのがわかる。 そして始まったきつい、きつい強化練習会。 全ては来年の自分が今年の自分を超えるためだ。
形の部と、組手の部に分かれての練習。 茶帯以上の指定型と、平安形を練習する2つに分かれた形練習。 特に注意されひとつ、ひとつ練習するのは「立ち方」。 ひとつ動くたびに全員が「結び立ち!」「八の字立ち!」などと大きな声を出し、形は重要なのが下半身、立ち方なのだと痛感する練習であった。
組手の方は、目を鍛える事から始まった。 人差し指を顔のななめ前に出して、顔を動かさず目線だけを左右に上下に動かして その指先を追う練習を教えてもらった。 これは視野を広げ、動体視力を高める稽古だ。 毎日、家でも練習できる事を教えてもらった。
形の方は、立ち方が重要だと教えてもらったが、立ち方がちゃんとできるようになると、自然に「腰の使い方」と「背筋」がちゃんとできるようになるはずである。 今回の形練習会では「立ち方」・・・「立ち方」と、ずーと立ち方の練習が続いた。
組手練習。 午前中は「技」の練習を中心に行われた。 技の反復練習。 そして午後になり、その教えてもらった「技」を出す練習。 つまり、実践だ。 試合をするが、勝ち負けにはこだわらずに、教えてもらった「技」をタイミングよく出せるかの練習だ。
練習とはいえ、みんな真剣である。 もちろん勝ち負けにはこだわらないようにしているが、やはり練習とはいえ勝ちたい。 そんな気持ちが先走りをして先生たちに怒られる選手も・・・熱い気持ちが前に出ちゃっているだけなんだけど・・・それもそのはず、普段の道場での稽古とは違い違う道場選手たちとの戦いなんだから。
練習時間は限られている・・その中でどのくらいの技が出せるのか・・・今まで道場で反復稽古をしてきた技、今日新しく教えてもらった技、見合っているだけでは練習にならないぞ。 どんどん前に出て技を出すんだ。 前に・・・前に・・・
形の練習チームを見てみると・・・朝からずーっと形の練習をしている・・・凄い! 組手はその激しさから凄いように見えるが、実は基本の練習と形の練習が一番つらい。 地味にきついのである。 なにせ、ずーと中腰のままの状態が続く・・・膝をまげ、足の向きに気を付けながら・・・もう、選手たちの足腰はパンパンのはず・・・
組手のチームは、もう何回試合をしただろうか・・・スペースの問題もあり、全員が一斉に試合を出来るわけではない・・・積極的にどんどん試合に出よう。 今日は練習をしに来たんだから。 何回も何回もできるのだから。
武秀館のご父母様たちには大変お世話になりました。 この強化合同練習や、全国大会までいろいろお世話になっております。 感謝いたします。 このご恩は、当会派の選手たちがきっと結果で返してくれると信じております。 指導部、役員会も全力でバックアップをしてまいりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。
さぁ、オリンピックまで、あと1年半。 がんばるぞ!

本部:日本空手道泊親会 本部 清水道場
    〒424-0052 静岡県静岡市清水区480
            
●サイトのご利用について  ●プライバシーポリシー  ●加入団体用ログイン
Copyright(C) 2015.nihon karate-do hakushinkai All Rights Reserved